オンライン診療の受診手順と診察が可能な病院一覧を紹介!メリットとデメリットも

お役立ち情報
こんにちは!オンライン診療を利用していますか?

オンライン診療は・・・

  • 電話やスマホ、パソコンを利用して医師が診察を行う
  • お薬の処方が可能

オンライン診療はどうやってするのかしら?難しくないかしら?

この記事では、オンライン診療の

  • 受診手順
  • オンライン診療を利用できる病院の一覧
  • メリットとデメリット

をお伝えします。

「いつものお薬」もオンライン診療で処方してもらえる可能性があるので、読み進めてくださいね!

※現在は感染対策のため、時限的措置がとられているので初診からオンライン診療が可能です。

受診手順

オンライン診療は主に電話、またはスマホのアプリを使用して行います。オンライン診療の診療方法、対応しているかどうかは病院によって異なります。

【主なオンライン診療の受診手順】

  1. かかりつけの病院または最寄りの医療機関に電話
  2. オンライン診療を実施しているか確認
  3. 電話またはアプリを使用するか診療方法を確認
  • 病院により、保険診療か自由診療か異なりますので事前に確認するといいですね
  • アプリのみ対応の場合はスマートフォン、タブレットに指定されたアプリをインストールする(CLINICS(クリニクス)、curon(クロン)など病院によって使用するアプリが異なる)

【主なオンライン診療の受診方法】

  1. 電話またはアプリで診療の日時予約
  2. 診療日に医療機関側から着信、またはアプリでオンライン接続がされ診療が開始される
  3. 本人確認のため求められた個人情報を伝える。
  4. 症状の説明をする
  • 病院により診療方法が異なります。アプリやビデオ通話を使用する場合は患部の写真などを見せながら診療可能な場合もあります。

【お薬のもらい方・支払い方法】

病院や症状によって薬の受け取り方法が変わります。

自宅への薬の配送や処方箋のfax、薬局に受け取りに行くなど様々な方法があります。

病院、薬局への支払い方法はオンライン決済、銀行振込、後日窓口に支払いに行くなど様々な方法があるので確認をする

  • お薬の配送サービスがあれば、自宅での診療、お薬の受け取りができるので感染症のリスクや通院の負担がへりますね。

オンライン診療を実施している医療機関リスト

厚生労働省より発表されている、対応医療機関リスト

(随時更新される予定と記載あり)

新型コロナウイルス感染症の感染拡大を踏まえたオンライン診療について
オンライン診療に関するホームページについて紹介しています。

オンライン診療アプリ、CLINICS(クリニクス)を使用している、対応医療機関を検索

病院・クリニックを探す
CLINICS(クリニクス)では病院・クリニックを掲載しています。CLINICSは、病院に行くための移動時間や待ち時間を気にすることなく、スマホやPCで診察を受けて、薬や処方せんも自宅で受け取れるサービスです。

オンライン診療アプリ、curon(クロン)を使用している、対応医療機関リスト

curon(クロン)- オンライン診療/遠隔診療を身近に。
導入施設数1500件突破。比較検討した9割以上の医療機関が導入、都内でもっとも使われているオンライン診療サービス「curon(クロン)」が情報発信するニュースサイトです。

※現在は時限的措置でオンライン診療の実施基準が変更になっています。ホームページに掲載されていない場合でもオンライン診療を実施している可能性がります。

かかりつけ医に相談してみましょう!

メリットとデメリット

メリット デメリット
  • 病院の待合室での待ち時間が不要
  • 自宅や外出先など電話やインターネット環境があれば受診可能
  • 薬や処方箋を自宅で受け取れる
  • 二次感染、院内感染の心配がない
  • 慢性的な疾患の投薬の場合、通院の負担が軽減される
  • 利用できる疾患が限られている
  • 緊急性の病気にはむかない
  • 自由診療の場合は診察代金が高くなる
  • 触診・検査ができない(触診・検査が必要な場合は病院での受診をすすめられる)
  • 電話やインターネット環境がなければ受診できない
  • 対応している病院が限られている

まとめ

オンライン診療の受診手順をお伝えしました。

従来は初診でのオンライン診療、利用できる症状・病名も限定さていましたが、現在は利用できる場面が広がっています。

また、スマートフォン、タブレットでの利用だけではなく、電話での診療が可能なのも嬉しい対応です。

身近な病院がオンライン診療を行っているか事前にチェックしておけば、いざという時も安心ですね!

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました